既存フィールドのキーの設定、、、って要はEnterやtabをデータ内に入れたくないのよ

データに追われる時間を10分の1にスッキリさせたい。
どうも、FileMakerスッキリデータ管理のながにぃです。




FileMakerで作業をしていると、Enterとかtabをデータとしてフィールドに入れたくないことがあります。

例えば、

「あいうえお」という文字を入れたときに、

「あいうえお[改行]


こんな感じで改行が入ってしまうことを防ぎたいときです。

これを回避するには「既存フィールドのキーの設定」という、言葉にすると少々「???」なことをすれば良いことがほとんどです。

既存フィールドのキーの設定
フィールドに対して、Tab キー、Return キー (Windows) か return キー (macOS)、Enter キー (Windows) か enter キー (macOS)、またはこれら 3 つのキーの任意の組み合わせを使用して次のフィールドに移動できるかどうかを指定することができます。特にタブ文字や改行文字を入力する必要のないフィールドの場合、設定するキーを増やすと、データ入力がより簡単になります。
フィールドを終了するために使用できるキーを設定するには、次の操作を行います。
1.レイアウトモードで、1 つまたは複数のフィールドを選択します。
2.レイアウトバーインスペクタ インスペクタボタン をクリックしてデータ データ タブをクリックします。
3.[動作] 領域の [次のオブジェクトへの移動に使用するキー] で、フィールドを終了するために使用するキーを選択します。
メモ 
ほとんどの Windows キーボードには、2 つの Enter キーがあります。1 つはキーボードの主要部分に、もう 1 つはテンキーにあります。FileMaker Pro では、キーボードの主要部分の Enter キーは、Return キーと同じ動作をします。
Tab キーを押して次のフィールドに移動するように設定されている場合は、Ctrl+Tab (Windows) または option-tab (macOS) を押すことによって、フィールドにタブ文字を入力することができます。

引用 - FileMaker公式ヘルプ
https://fmhelp.filemaker.com/help/16/fmp/ja/#page/FMP_Help%2Fexiting-a-field.html


ほかには、フィールドの自動入力オプションによって、Substitute(フィールド ; ¶ ; "")と指定すればいけそうです。

これらの手法はほかにも多くの方々が提示してくれていますので詳しくは書きません(=゚ω゚)


僕が今回これを取り上げたのは、検索モードによって入力画面をつくろうと思ったからです。

検索モードでは、Enterを押すと検索実行されてしまいます。

なのでEnterを制御しないといけないのです。


でも、これを書いているうちに「まてよ?」と思いました。

レイアウトトリガによって、現在のモードをチェックすることができれば(検索モード以外を許さないようにすれば)上手くいくかな?


機会があれば試してみます( `ー´)




にしても、「既存フィールドのキーの設定」って、わかりにくい。。。





0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]