エクセルで画像管理してはいけない理由

データに追われる時間を10分の1にスッキリさせたい。
どうも、FileMakerスッキリデータ管理のながにぃです。




エクセルは表計算ソフトと呼ばれるだけあって、数字系には強いですよね("´∀`)bグッ!

ところが、画像となるとめっぽう弱い。。(+_+)




例えば、僕が昨年2016年に広島県のしまなみ海道に行った時の写真を管理したいなあ、と思ったとします。

それをエクセルでやろうとすると、なかなか面倒なことになってしまうのです。





画像を挿入して、サイズを整えて・・・




日付と画像タイトルを入力。

次の画像を挿入して、、、

ああ、サイズをまた直さなきゃ・・・



なんてことが繰り返されます。

これが数十枚のファイルならいいでしょう。

もし、数百枚、数千枚なんて画像があったらどうなるでしょうか・・・




・・・・・いやだーーーっ!!!




僕なら、こう叫びたくなります(;^_^A



さらに、一度エクセルに取り込んだだけで終われば良いのですが、随時登録しないといけないとなると、上の作業を永遠繰り返さなければならなくなります。。




これは、はっきり言って、大変非効率な管理方法ということになります。



もちろん、マクロを使っての自動化は可能です。

可能ですが、マクロ・・・組めますか?(^^;

時間がたくさんあれば、勉強しながら自動化をするのもいいでしょう。

VBAマクロが出来るようになるのは、決して損はありませんからね。

しかし、、そんな時間はなかなか取れなかったりします。

また、勉強といってもVBAマクロはプログラムですから、まったくの初心者であればハードルはなかなか高いのではないでしょうか。



以上から考えてみても、エクセルで画像管理してはいけないのです!




そこでFileMakerの登場となるわけです\(^o^)/

FileMakerであれば、フォルダに入った画像を一括で取り込むことも可能なのです。

ひとつひとつ挿入するエクセルとは大きく作業効率が良いです。



例えば、100ファイルの画像をエクセルに取り込もうとすれば、どうでしょう?

がんばっても30分以上はかかりそうじゃありませんか?

それがFileMakerだと3分かからずに取り込めてしまいます。



FileMakerでの画像の具体的な取り込み方法などは機会を改めて(^o^)丿

良い一日を!








0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]