FileMakerのカスタムAppってなに?

投稿内容:「FileMakerのカスタムAppってなにかを知りたい」




手作業データ管理に追われる時間を10分の1にしよう。
どうも、FileMakerスッキリデータ管理のながにぃです^^





「FileMaker」などで検索していると、

「カスタムAppで業務改善」
「カスタムAPPを作成」
「iPhone向けカスタムApp」

このような文字を目にすることが多いです。


一体この「カスタムApp」ってなんだ?

と、首をかしげる人もいるのではないでしょうか。



FileMakerを使っている僕自身、「なんだろう?」と思っていました。

そもそも、どう読んだらいいのかも分からない。

この、カスタムAppって何?というと、



答えは












「カスタムアップ」










が正解のようです(^^)



FileMaker社はAppleの子会社です。

Appleには「App Store」なるものがあります。

これは「アップストア」と読みます。

どうやらApplication(アプリケーション)のことを指すようで、MacOSで開くことができるファイルには「.app」という拡張子がついているみたいです。


うーむ、Windowsユーザーの僕としては、Macのことはあまりよくわかっていません(;^_^A


ともかく、Appleの子会社であるFileMakerが使うワードですから、「カスタムアップ」と読むので間違いはないと思います。




「カスタムアプリ」のほうが分かりやすい気はするんですけどねえ(^^;

FileMakerを知らないWindowsユーザーを取り込もうとするなら、そう読ませるほがいいと思います。

が、Appleは会社のブランドイメージをとにかく強く持っているみたいですから、そこは曲げないでしょう。



FileMakerにはただの「Pro」と「Pro Advanced」という開発者向けのものもあります。

デバッガツール(スクリプトを1行1行送りながら見れる)や、データの格納状況を見れるツール、カスタム関数(自作関数)などが出来るようになります!

その分、Proより若干?けっこう??値段が高くなります。(Proは通常4万円前後)

⇒FileMaker Pro Advancedの値段を見てみる

でも使い勝手が全然違うから、ガシガシ開発するなら絶対Advancedが良いです!



ということで、「カスタムApp」というワードを見かけたら、FileMakerのことだと思って是非見てみてくださいね(*´▽`*)







良い一日を!








0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]