FileMakerを使ってバーコードをスキャンする

投稿内容:「FileMakerを使ってバーコードをスキャンしたい」



手作業データ管理に追われる時間を10分の1にしよう。
どうも、FileMakerスッキリデータ管理のながにぃです^^



FileMaker Goでバーコードのスキャンができます。

iPhoneやiPadを利用してスキャンすることができます。

FileMaker Goとは、iPhoneやiPad上で使用できるFileMakerのアプリです。
※レイアウトやスクリプトのカスタマイズはPCで行います。



FileMaker Go 13 でバーコードのスキャン機能が利用できるようになりました。スキャンの実行には内蔵カメラを使用し、スキャンした画像をオブジェクトフィールドに保存することや、バーコードデータをテキストフィールドに保存することができます。バーコードの既存の画像もスキャンし、結果を保存可能です。バーコードが正しくスキャンされると、ビープ音が聞こえます。 バーコードのスキャンは、新しいスクリプトステップの[デバイスから挿入]から開始します。 [デバイスから挿入]では、バーコード以外にもミュージックライブラリから音楽を、フォトライブラリから画像を取り込んだり、また内蔵のカメラ、ビデオカメラ、マイクを使用したり、署名を読み込んだりすることもできます。これらの情報はすべてオブジェクトフィールドに挿入されます。 バーコードのスキャンの場合は、フロントカメラまたはバックカメラを指定できます(それらがある場合)。また画像を保存するオブジェクトフィールドや、変換されたデータを保存するテキストフィールドを指定できます。サポートされているバーコードのタイプは次のとおりです。 コード 39 コード 93 コード 128 EAN-8 EAN-13 EAN/UPC コンポジット GS1 2 桁アドオン GS1 5 桁アドオン GS1 データバー 拡張型 GS1 データバー (RSS) ITF-14 ISBN-10(EAN-13) ISBN-13(EAN-13) QR コード UPC-A UPC-E Codabar (13.0v6 で追加) 上記のバーコードのタイプを任意に組み合わせて指定することもできますが、デフォルトではすべてのタイプが対象になっています。 [デバイスから挿入]は FileMaker Go 13 以降で機能しますが、スクリプトステップは FileMaker Pro 13 以降で作成する必要があります。 引用 -

<a href='https://support.filemaker.com/s/answerview?language=ja&anum=13205' target='_blank'>https://support.filemaker.com/s/answerview?language=ja&anum=13205</a>


ところで、iPhoneやiPadがないとバーコードスキャンできないのでしょうか?

興味があったので色々調べてみました。

外部機器としてバーコードリーダーをPCに接続すれば、iPhoneやiPadがなくても利用できそうです。

読み取るだけなので画像の保存はできませんが、充分に用を足せると思います。

もちろん、バーコードリーダーをiPhoneやiPadに接続してFileMaker Goでの利用も可能です。

なにかに使えそうな予感ヾ(*´∀`*)ノ

ベストセラーのバーコードリーダーを見てみる



ちなみに、Wi-Fi環境があれば無料のFileMaker Goを使ってパソコンのFileMaker Proと連携することが出来ます。

パソコンのFileMakerを起動させておいて、iPhoneのFileMaker Goからバーコードを読み込む機能をつくれば、簡易レジのシステムを構築することが可能です。

機会があればつくってみたいですなあ。






0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]