【中級以上向け】表示されない時刻の「00」秒をある2文字だけ追加して取得する方法

こちらの記事はFileMakerの中級~上級者向けです。

次のような内容が書かれています。
  • 「00」秒が格納されず表示されないケース
  • 「00」が表示されていないと悲しいことも稀にある
  • 2文字だけ追加して「00」を表示させる
  • まとめ


スクールでは教えてくれない、かゆいところに手が届くシリーズ:【中級以上向け】表示されない時刻の「00」秒をある2文字だけ追加して取得する方法

作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。
すべては小さな革新から始まる!の、ながにぃです^ ^


本記事は、FileMakerの制作に役に立つというよりは「隠しワザ発見」的な内容です。

こういったこともFileMakerの楽しみの一つということをお伝えできればと思います^ ^



「00」秒が格納されず表示されないケース



時刻フィールドやタイムスタンプフィールドをよく見ると、「あれ?」ということがあります。


ちょうど「00」秒の場合、「00」が格納されてくれません。

データは違いますが、次のような一覧で見ると「00」秒が格納されていないことがよくわかります。





「00」が表示されていないと悲しいことも稀にある



だからといって、不都合なことは99.9%ないのですが、すごく稀な使い方をしたいときに「00」が表示されていないと悲しいことがあります。



例えば「時刻のコロンを取って「143300」という数字列を取得したいことがある場合、00秒が出ていないことで「1433」と取得されてしまいます。



●計算例:
Substitute ( TBL::時刻フィールド ; ":" )



もちろんSeconds関数を使うことで「00」を取得することはできます。が、HourやMinuteを使い、さらにゼロ埋めをしないと「5秒」など一桁の時は「143305」ではなく「14335」となってしまいます。

●計算例:
Right ( "0" & Hour ( TBL::時刻フィールド ; 2 )
 & Right ( "0" & Minute ( TBL::時刻フィールド ; 2 )
 & Right ( "0" & Seconds ( TBL::時刻フィールド ; 2 )




確実に6桁の結果を得たいときはよく使います。

ただ、なんだか記述が面倒くさいなあ、とか、計算が長いなあ、と思ってしまうことがあります。



2文字だけ追加して「00」を表示させる



ではたった2文字だけ追加して「00」秒を表示してみましょう。

その2文字とは「+0」です。



●計算例:
Substitute ( TBL::時刻フィールド + 0 ; ":" ; "" )



時刻フィールドの後ろに「+0」を加えただけです。

※「+と0の間にスペースが入っているから3文字じゃないか」というご指摘は華麗にスルーさせて頂きます!




ではカスタムダイアログを使って「00」が表示されることを見てみましょう。

ちょうど00秒の「15:40」というフィールド内容をカスタムダイアログで表示してみます。





「:00」が表示されています。




試しに、「+0」を取ってみましょう。当然、「:00」は表示されません。







「+0」を後ろに加えるだけで、「00」秒が表示されてくれるなんて面白いですよね!

ちなみに、なぜそうなるかは僕には分かりません!(笑)

+0が付くことでFileMakerが「つい」計算しようとした結果かもしれず、なんだか人間でいうと「有名人とすれ違って、つい見てしまう」のと似ている気がします(笑)




ちなみにのちなみに、時間(Hour)は一桁のときがあるのでSubstituteで6桁を取得する場合にはゼロ埋めをする必要がありそうです。



●計算例:
Right ( "0" & Substitute ( TBL::時刻フィールド + 0 ; ":" ; "" ) ; 6 )
 または
Substitute ( Right ( "0" & TBL::時刻フィールド + 0 ; 8 ) ; ":" ; "" )



かえって分かりづらい計算になるかもしれません。であればSeconds関数などを使った方法のほうが良いでしょうし、まあ計算例はあくまで例ということで。


まとめ


今回は「隠しワザ発見!」のような感じで、今すぐFileMaker制作に役に立つような内容ではありません。

ただ、FileMakerにはこういった「隠しワザ」的な発見をしたり、いろいろ工夫できる楽しさがあります。




「あれ?こうすればうまく作れるんじゃないか?」という発想を引き起こしてくれ、実際にやってみると本当にうまくいったりします。

自分の考えたことが具現化できるFileMakerは、もはや「ものづくり」というジャンルなのかもしれません^ ^







今日も良い一日を♪








関連記事もどうぞ♪♪

0 件のコメント :

コメントを投稿

FileMaker&個人的Tweet