本サイトでの超初心者・初心者・中級者などの定義について

このページでは次のような内容が書かれています。
  • 定義を決める
  • なぜ定義を決めるのか
  • まとめ



本サイトでの超初心者・初心者・中級者などの定義について



作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。
すべては小さな革新から始まる!の、ながにぃです^ ^


定義を決める




JBIでは、「超初心者」「初心者/初級者」「中級者」「上級者」について次のように定義しています。




《 ベースとなる状況 》


  • データベース制作もプログラム開発もどちらも未経験。
  • エクセルを業務などで使うことがある。



《 ベースとなる状況を元にした各定義 》


  • 超初心者
    ▷ FileMakerにさわったことがない、さわったとしてもほとんど何もわからない。
  • 初心者/初級者
    ▷ FileMakerで簡単に何かを作ったことがある、作ろうとして留まっている。
  • 中級者
    ▷ FileMakerでいくつかファイルを作ったことがあり、少なくとも使うことが出来ている。
  • 上級者
    ▷ FileMakerで3年以上、業務の運用を行っている。



これが本サイトでの定義です。



なぜ定義を決めるのか




なぜ、このような定義を決めるかというと、初心者とか初級者というのは、どの立場から見るかで定義が変わってくるからです。

たとえば「釣り」で考えてみると、同じ「初心者」が次のようにまったく別の内容になったりします。

  • まったく釣りをしたことがない初心者です。
  • 海釣りはまったくの初心者です。
  • 船で釣りをしたことがない初心者です。
  • ルアー釣りは本当に初心者です。




どれも「初心者」ですが、一番上の釣り自体をしたことがない方以外はみんな釣りの経験者です。

このように「初心者」と一口に言っても様々な切り口があるため、時に認識の相違に繋がります。



まとめ




「初心者」といっても様々な捉え方があるため、本サイトでの「初心者」等の定義を書いてみました。

JBIでの超初心者、初心者/初級者についてまとめると次のようになります。




データベース制作もプログラム開発もどちらも未経験がベース(エクセルは業務などで使う)、

超初心者は
「FileMakerにさわったことがない、さわったとしてもほとんど何もわからない」、

初心者/初級者は
「FileMakerで簡単に何かを作ったことがある、作ろうとして留まっている」

とする。







今日も良い一日を♪





関連記事もどうぞ♪♪

0 件のコメント :

コメントを投稿

FileMaker&個人的Tweet