見た目の数字を3桁カンマ区切りにする


スクールでは教えてくれない、かゆい所に手が届くシリーズ:「FileMakerで、見た目上の数字(金額)を3桁カンマ区切りにしたい」



データ作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。

どうも、初級向けデータスッキリ管理コンサルタントのながにぃです^^






エクセルやパワーポイントなどはスクールも多いですが、FileMakerのスクールはそれほど多くないですよね。

FileMakerのスクールに僕は通ったことがないのですが、どういう感じで教えてくれるのでしょうか?

教材や教える内容、進め方にはとても興味があります(*'ω' *)

なぜなら、僕も個人レクチャーなどの形で教える側にいるので。

どうお教えすれば良いのかは常に悩むところではあります。




ということで、大それたタイトルの通り、スクールでは教えてくれない、あるいは教わってもサラッと通りすぎてしまうようなことを書いてみようかなと思います。

FileMakerの基本的な構造であったり概念などはスクールの方にお願いすることにしましょう。

今回は、数字を3桁カンマ区切りに「見せる」方法をやってみましょう。




数字を3桁区切りに「見せる」方法


例えば販売管理、売上管理、現金出納帳、請求書、納品書など、金額を扱う機会はたくさんあると思います。

エクセルであれば、昔から3桁カンマ区切りが用意されているので、ググれば割とすぐ方法が見つかります。

そういう小回りが利く点ではエクセルは便利ですよね。

では、FileMakerではどうするか。

FileMaker自体、ネットではそんなに情報が多くはないので、紹介したいと思います。







数字フィールドに、金額「1296000」が入っています。

129万6千(円)です。

データベースの値としては「1296000」でなんら問題はないです。

でも金額として見るときに、3桁区切りじゃないと桁を間違えたりするし、なによりも気持ちが悪いと思うんじゃないでしょうか?(笑)



「1,296,000」というふうに表示された方が、間違いはないし、自分だけではなく人にも見せることができる表示になります。


3桁区切りを入れる方法

直接カンマを入力することが出来ます!



いやいや、これはやってはいけません。(入力は出来るけど)

これはどうにも出来なくて仕方なく仕方なく、最後の最後の最後の手段であって、本来はやってはいけません。

数字データに余計な文字が入ってしまいます。




ではどうするか。

「見た目」だけであれば、インスペクタにある機能を使うことで3桁カンマ区切りの表現を実現できます。




インスペクタ「データ」→「データの書式設定」→書式の「一般」プルダウンから通貨を選択します。



先のついでに、通貨記号を指定できるので見ておきましょう。通常は初期値の「\」で良いと思います。

で本題ですが、下の方に「3桁区切りを使用」とあるのでチェックを入れます。

ボックスに半角カンマが初期値で入っていて、通常はそのままで良いと思います。

はい、これだけです。これだけで見た目上は3桁カンマ区切りの数字になります。



半角カンマは変更が出来ます。全角のカンマなどを指定することも可能です。

なんでも指定できるのかな?「1(*‘ω‘ *)296(*‘ω‘ *)000」なんてのもできるのでしょうか。





・・・できませんでした。。


どうやら1文字だけ指定できるようです。なのでせいぜいこんなところでしょうか。




このほかにも漢字の区切りなんてのもありますね。



この場合は「\」の指定をブランク(空欄)にしてあげた方がよさそうです。


さらに、後ろに「円」を付けたいところですが、インスペクタにはそこまでの機能はないみたいです。(FileMakerはアメリカの会社・・・)

なので、どうにかして無理やり「円」を付けてあげる必要があります。

この場合なら、普通にテキストを追加してあげるだけで格好はつくと思います。(格好ついてるのかな?)




たったこれだけですが、知っていると小さな改革といいますか、だいぶ便利になるかと思います。



余談:数字フィールドだけど文字も入ってしまう


直接カンマを入れることが出来ると上述しましたが、FileMakerはこれが出来てしまいます。

良いか悪いかは何とも言えません。

言えるとすれば、「個性」ですか(^^;

他のデータベースでは考えられないようです。通常はエラーを起こしてしまいます。

FileMakerの場合、知らん顔で受け入れてくれます。

※数字だけ入れれるように制限する機能はちゃんと付いています。


ちなみに、「A1,296,000Yeah」なんてのを金額に入れても、実は裏側では「1296000」を認識しているようです。

例えばその金額に999を足す計算をしてみると、1296999になるので。



でもやっぱり、数字フィールドにはきちんと数字だけを入れましょうねw




今日はこんなところで。

このシリーズが続くのかどうかは不明です汗







今日も良い一日を♪









0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]