ボタンバーの区切り線の色を変える

スクールでは教えてくれない、かゆい所に手が届くシリーズ:「FileMakerで、ボタンバーの区切り線の色を変える」





データ作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。

どうも、初級向けデータスッキリ管理コンサルタントのながにぃです^^






FileMakerにはボタンバーというオブジェクトがあります。





メニューバーのように使えるので大変便利です。




枠線の色を変えたいと思って青にしたら、外枠だけが青くなり、区切りの線は変わりませんでした。

さて、どうやって区切り線の色を変えるのでしょうか。







それは、インスペクタに隠れていました。





パレットの「外観」タブの、一番上にあるプルダウンメニューにあります。

「ボタンバー:区切り」を選択します。


あとは線の色を変更すればOKです。







ボタンバーの区切り線が青色に変わりましたヾ(*´∀`*)ノ




「ボタンバー:区切り線」以外にも「ボタンバー:セグメント」と「ボタンバー:アイコン」というのがあります。





セグメントというのは、ボタンバーの内側を指します。




アイコンというのは、まあ、アイコンですね。





この辺の機能をうまく使いこなすことで、見た目を楽しくすることができると思います(^O^)

各所を細かくカスタマイズできるのもFileMakerの長所ですね。

見た目を楽しいものにして、少しでも使う人にとって楽しい時間にしてあげられたら良いと思います♪







今日も良い一日を♪











0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]