【確定申告】月々のサボりが後で大変な苦労を生む

投稿内容:「確定申告のための現金出納帳無料ツールの活用方法について書いてみます。」



データ作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。
どうも、データスッキリ管理コンサルタントのながにぃです^^



「GENSUI_個人用現金出納帳」をダウンロード頂くことが多くなってきました。

ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ

ダウンロードと使い方ページはこちら >



このツールは僕が個人的に使用しているものを、ある程度整備して無料でご提供しています。

今回は、僕がどのようにしてこのツールを使っているかをご紹介したいと思います^^




【お詫び】
リリースに向けて整備するにあたり、いろいろ不具合が発生しておりました。ご利用の方には大変ご迷惑をおかけしましたこと、この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m

<お知らせ>
※FileMaker版において、次の通り不具合を修正しました。
2019.3.18
入力画面で「クイック入力」ONにならない不具合、及び入力確定後に年月を保持するよう修正。
2019.3.2
入力画面の「確定」ボタンでレコードを追加した際、「実出金」にだけ金額が入り、「出金」に金額が入らないバグを修正。




大変だと分かっちゃいるけど、確定申告の月に作業をしてしまう


確定申告が大変だとおっしゃる方でありがちなのが、3月の確定申告提出日が近くなってから作業をし始める、というものです。

締切が近いので必死に頑張るのですが、物理的な時間がどうしてもかかってきます。




さて、その物理的な時間ですが、いったいどのくらいかかるのでしょうか。




先日、僕が一か月分の入力作業をしたとき、時計を見ながら作業をしてみました。

すると、なんと5時間近くもかかってしまっていました。




一ヶ月で5時間です。

一年では・・・?




一年は12ヶ月ですから17時間ですね。単純計算をすると。

17時間を一日二日でやろうと思うと、そりゃ大変なわけなのです。

実際には、ほかにも色々確認作業が発生するでしょうから、17時間では収まらず20時間はかかると見込みます。




一日は24時間。

睡眠時間を4時間にすれば、一日で終わらせることが出来ますね!




いやいやいや。。。

集中力を維持する強靭な精神力を僕は持ち合わせていません(´・ω・`)

しかも、僕は棚卸しなどは基本的にないのでこの時間で済んでいますが、棚卸しやら不動産やら相続やらが発生すると、さらに時間はかかってくるわけです。

こうなると、物理的な時間の観点からも、一日じゃとても終わらないことがわかります。




月があけたら「締める」


では僕はどうしているかというと、月があけたら前月分を「GENSUI_個人用現金出納帳」に入力しています。




例えば4月になったら、最初の土日で3月分の経費や売上を「GENSUI_個人用現金出納帳」に入力するのです。

各種の領収書、クレジットカードの明細、銀行口座の明細、などを照らし合わせて一月分をまとめてしまいます。

クレジットカードは確定していない場合もあるので、翌月の入力にまわしたりしますが、明細データはパソコンに保存しておくようにしてます。




この一月分の作業だけで5時間近くかかってしまうのです。

なので、一年分をまとめて作業することを考えるとゾッとします。

この気持ちがあるから、本当は面倒なのですが、毎翌月の締め作業を駆り立てています。






「GENSUI_個人用現金出納帳」の便利な使い方


同じ入力は「クイック入力」で



よく使う内容は、クイック入力で手間を省くことが出来ます。

確定する前に「ON」にして、その後確定します。








次回から、「クイック入力」のプルダウンで選択すると、同じ内容を自動入力してくれます。






クイック入力のプルダウンから削除したいときは、「設定」の「クイック入力」をクリックします。





「クイックから外す」をクリックすると、プルダウンに出てこなくなります。









入力漏れの確認や科目ごとの合計値確認には「勘定科目のソート」で



「勘定科目」でソートをかけると、科目ごとに見やすく並べ替えられます。


通常




勘定科目でソート





ソートはFileMakerの標準機能で行うことが出来ます。

あるいは、FileMaker版にはボタンも用意していますのでお試しください。



または









エクセルからまとめて登録には「手動一括入力」で



エクセルにまとめてあるデータを、ひとつひとつ入力していたら大変です。

あるいは、「手動一括入力」という機能を用意しています。




エクセルなら、列をコピーして、日付や補助などそれぞれの項目に貼り付けます。

注意点は、入力がある項目の行は同じ行数にしないと反映できません。

下図でいうと日付、科目コード、勘定科目補助、摘要、出金はいずれも3行です。





OKなら「現金出納帳へ反映」を押します。

まずは2,3行で試してみて頂けたらと思います。




ちなみに、この機能を使わずに、FileMaker標準機能の「インポート」を使ってももちろん問題ありません。







まとめ



毎翌月にはなるべく「締め」作業をしましょうヽ(=´▽`=)ノ



ということに尽きると思います。



もしくは、少なくとも3ヶ月ごとに作業をするなど、とにかく物理的な時間を分散することが、スムーズに確定申告を乗り切るコツかなと個人的には思います!






ということで、この記事があなたのお役に立てたら幸いです( ´∀`)

今日も良い一日を♪

















0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]