横スクロールする方法(工夫編)

 以前、Windowsでの横スクロールに関する記事を書きました。

「横スクロールする方法(Windows)」>

その記事は横に長いレイアウトのときにショートカットキーで横に画面移動するというものでした。

今回は「スライドコントロール」を使った工夫をしてみたいと思います。


スクールでは教えてくれない、かゆい所に手が届くシリーズ:「FileMakerで、横スクロールする方法(工夫編)」




データ作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。
すべては小さな革新から始まる!の、ながにぃです^^


※この記事はFileMaker制作経験が未経験~おおむね2年未満またはそれに準ずる方を対象に書いています。


本記事での目標


  • 見ている画面は動かさない。
  • データの部分だけを横に動かす。


FileMakerのスライドコントロールを使う


FileMakerには「スライドコントロール」という機能があります。

一般的な例でいうと、スマートフォンで広告のようなバナーでよく使われたりするような機能です。

横にスライドすると、画像が切り替わるやつですね。



早速やってみますが、レイアウトモードで「スライドコントロール」を使います。



レイアウト上に配置し、フィールドも置いてみます。



ドットの大きさは「pt」で変えられます。



ドットの色はインスペクタで変えられます。



ブラウズモードで確かめてみましょう。



ドットをクリックしてみると、右へ左へとスライドします。




画面は動かずに、データだけが横にスクロールする(的な)ことが出来ました^_^


難点は、PCの場合ドットをクリックしないといけないことです。そのためにドットを少し大きめにしてみました。

iPadやiPhoneならスライドすることができます。


さらにポータル機能を合わせてみる


FileMakerには「ポータル」という機能もあります。

それと組み合わせてみると、連なった横のデータのように見せかけることもできそうです。



スライドコントロール上にポータルを配置します。※ポータルについては機会があれば記事で取り上げたいと思います。





こんな感じで、データが横に横にスクロールする(的な)ことが擬似的にできるようになるかと思います^ ^










いかがでしたでしょうか?

この記事があなたの仕事の何かでお役に立てれば幸いです(^_^)


ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー
 【業務IT化】セルフ制作の可能性を無料診断!
自社/自店舗の業務をIT化することが出来る余地はあるのか?セルフ制作でシステムを導入できるのかどうか?導入できるとしたらどんなイメージになるのか?

ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー









本日も良い一日を♪







関連記事もどうぞ♪♪

0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]