Excel やスプレッドシートで時間を奪われていませんか?
業務システム・業務ツールの移行◆複雑なことをシンプルに◆ご相談は JBI へ
~作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に~ 担当者ながにぃ情報▶

【未経験者向け】(Mac版) FileMaker (ファイルメーカー) を7分で、しかも無料の0円で試せる方法

*本サイトの【初級・中級・上級】の定義は別のページで定義しています。

こんにちは、ファイルメーカー未経験者の方向けに役立つ情報をお届けしています。今回は、ファイルメーカーを7分で試せる方法の Mac 版をご紹介します。

※【ご注意】この記事は、ファイルメーカーを全く触ったことのない方を対象にしています。
※この記事では Claris FileMaker Pro 19 バージョンで解説していますが、最新版でも基本的にやり方は同じです。



このページでは次のような内容が書かれています。
  • Mac でファイルメーカーを始めるには
  • インストーラーをダウンロードする
  • インストーラーを開く
  • インストールを完了する
  • ファイルメーカーを起動する
  • まとめ

この記事の Youtube 動画を見る[↗]

Mac でファイルメーカーを始めるには

余談:僕はコーヒーが好きですが、ドリップの方がやはり好きです。機械だと最後に粉っぽいものが残りますよね。ドリップの方が、コーヒーの味わいがしっかり感じられる気がしています。なのでちゃんとドリップで作っているファストフードのコーヒーは、お安くても馬鹿にできない美味しさです。


、 さて本題です。ファイルメーカーとは、自分でシステムやアプリを作れる便利なソフトウェアです。( FileMaker とは? もっと詳しく[↗]

しかし、インストールするのが難しそうだと思っていませんか?

この記事では、たった7分で、しかも0円でファイルメーカーを試せる方法を紹介します。(Windows版の記事もあります)

ファイルメーカーを使えば、データの管理や印刷、iPadやiPhoneでの共有などを自分で好きなように自由に作ることができます。


その便利な世界への扉を開くためには、まずインストールが必要です。インストールすれば、ファイルメーカーを触れる状態になります。

インストーラーをダウンロードする

インストールするためには、インストーラーというものが必要です。

インストーラーはクラリス社のサイトからダウンロードできます。クラリス社はファイルメーカーを作って提供してくれている会社です。

クラリス社のサイトに行くには、ブラウザで「クラリス 無料評価版」と検索します。すると、クラリスファイルメーカー無料評価版のダウンロードというリンクが出てきます。



このリンクをクリックすると、無料評価版のサイトに飛びます。

無料評価版のサイトでは、45日間無料でファイルメーカーを使えることが書かれています。下の方に行くと、名前やメールアドレスなどの項目に入力していく必要があります。入力したら、緑色のボタン「無料評価版を試す」をクリックします。



すると、「FileMaker プラットフォーム評価版」というページが表示されます。

このページでは、あなたのパソコンの種類に合わせて、「 Windows 版」か「 Mac 版」かを選んでください。今回は Mac 版を選びますね。



選んだら、「ダウンロード開始」ボタンを押します。すると、インストーラーがダウンロードされます。

ダウンロードにかかる時間は、インターネット回線の速度によって異なりますが、数分程度で終わると思います。

インストーラーを保存した場所は覚えておいてくださいね。

インストーラーを開く

ダウンロードしたインストーラーは、拡張子がDMGというファイルです。DMGファイルは、Mac OS Xシステムでサポートされている起動可能なディスクイメージです。



DMGファイルを開くには、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。すると、インストーラーの画面が出てきます。(デスクトップにもインストーラーのアイコンが出てきます)



この画面では、左側のファイルメーカープロのアイコンを右側のアプリケーションのフォルダにドラッグします。



そうすると、インストールが開始されます。

インストールを完了する

インストールが開始されると、ファインダーのところに丸いインジケーターが出てきます。

これは、インストールの進捗状況を示しています。インストールにかかる時間は、パソコンの環境や回線速度によって異なりますが、だいたい5分程度です。



インジケーターが消えると、インストールの完了です。

アプリケーションのフォルダやランチパッドからファイルメーカープロのアイコンが見つかります。



この時点で、インストーラーは必要ありませんので、ゴミ箱に捨てても構いません。もし再度インストールしたい場合は、クラリス社のサイトから再度ダウンロードできます。

ファイルメーカーを起動する

インストールしたら、ファイルメーカーを起動してみましょう。

ランチパッドからファイルメーカープロのアイコンを探してクリックします。すると、ファイルメーカープロを検証中というダイアログが出てきます。


これは、クラリス社のアプリケーションが安全かどうかを確認しているだけです。信用して開くというボタンを押してください。これは初回だけ出てきます。

次に、無料評価版の画面が出てきます。ここでは、45日間のカウントダウンが始まります。

カウントダウンを開始したくない場合は、終了ボタンを押してください。カウントダウンを開始したい時に開始ボタンを押してください。


続行ボタンを押すと、ファイルメーカープロの起動画面が出てきます。これでファイルメーカーを使える状態になりました。



JBI ではオリジナルの無料お試しツールを提供しています。ファイルメーカーに慣れてきたら、どうぞお試し下さい。
JBI オリジナル無料お試しツール『ki録s (キロクス)』へ [↗]

まとめ

以上が、ファイルメーカーを10分で、しかも無料で試せる方法(Mac版)でした。いかがでしたか?

うまくインストールできましたでしょうか。


ファイルメーカーを使ってみたいと思った方は試してみてください。ファイルメーカーの世界があなたを待っています^ ^

もし難しくて煮詰まってしまったら、JBI に相談してみてください。


この記事の Youtube 動画を見る[↗]






今日も良い一日を♪





SHARE

Japan Bit Innovation

  • Image
  • Image
  • Image
  • Image
  • Image
    Blogger Comment
    Facebook Comment

FileMaker&個人的Post