システム自社制作の初心者向け講師、コンサルタントのながにぃです。

JBIについて

事業者・事業内容

事業者

□事業者名
ジャパン・ビット・イノベーション[JBI]

□代表者
永澤よしゆき
(ハンドルネーム:ながにぃ)

□事業所
東京都大田区の事務所

□事業開始
2018年4月1日(事業登録:2015年9月30日)

事業内容

情報管理システム推進事業

ヒューマンコンサル事業
  • 『縁起コンサルティング』心や頭の中にある課題を物事の根本を辿って課題を見出す
  • 『明鏡止心(めいきょうししん)メソッド』詩作で感情を回復する
※リソースコンサル事業の詳細はお問合せ下さい

事業理念・テーマ

理念
  • 「全ては小さな革新から始まる」の思考基盤を持ち、心豊かな日本のくらしと経済の発展に貢献する。
  • 作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。その貢献をする。

行動指針
  • IT初心者/社のお客様からデータ管理の内製化支援で選ばれるNo.1になる。
  • お客様の理解のペースに合わせたサービスを提供する。
  • お客様のお困りごとにフォーカスし、不安を解消しながらサービスを提供する。



代表メッセージ


「座右の銘:すべては小さな革新から始まる!」

私は FileMaker(ファイルメーカー)と AppSheet(アップシート)の2つのツールに大きな可能性を感じています。



なぜ、このような事業をしているのでしょうか?

「小さな革新によって、明日が変わる」可能性を感じたからです。

紙の伝票を、ほんの一部だけでもデータ化できれば、明日は変わるかもしれない。少し変わったら、また少し進化して、少しずつ積み重なって、1年2年経ってみると出発点からは大きく飛躍していた。

それは夢物語ではないと思っています。

FileMaker や AppSheet は、初期に大きなリスクを伴わずに業務の効率化にトライできます。

1~30名規模の業務効率化は、実現できれば大きな成果を生みます。初期に何百万円もかける融通のきかないシステムやアプリより、"小さく始めて"無理なく機能を充実させていくほうが結果的には効果が高いことが多いです。

さらに自社内でカスタマイズできることは、お客様の状況に柔軟にフィットすることはもちろん、今後の不確かな未来にも対応できるということです。



魔法のITツールなんて、今の世の中に存在しません。

業務管理のシステムやアプリは、コツコツと改善を繰り返しながら積み上げていくしかないと思っています。

「明日からすぐにIT化やDXができる」、そんな派手な広告を時おり目にしますが、そんなことができるなら日本の中小企業は今ごろもっと景気が良いはずです。



弊社は超高度な技術を持っていたりITについて物凄く造詣が深いというわけではなく、どちらかと言えばデータベースやプログラムの未経験者や初心者の方を実務レベルの中級に引き上げることで世の中のお役に立ちたいと考えています。



例えば『ウィズサポート』サービスでは弊社が直接手を入れることはせず、お客様側での作業・制作が100%となります。

それは自社で(ご自身で)対応できるようになってもらいたいという基本構想があるためです。*但し制作代行のご依頼では弊社が実際に制作します。



始めは小さな一歩かもしれません。しかしその小さな革新がいずれ大きなうねりに変わります。それは、日本の一人ひとりの自信を最大化していく弊社の理念に通じていくものと信じています。
永澤よしゆき


FileMakerで挫折しした方や挫折しかけている方も、初級FileMakerの駆け込み寺であるJBIへご相談ください^ ^

参考

JBIについてもっと詳しく >
サービス料金プラン >
お仕事の依頼内容例 >




ご相談などあればお問合せフォームからどうぞ。



Q&A


Q:JBI(ながにぃ)は何をしてくれるの?

A:中小企業や小さな店舗など小規模事業向けにデジタル化をサポートしています。教育学部出身のながにぃはデータ管理初級者の味方です!
※非営利団体や個人の方には特別価格にてサポートしています。

主にFileMakerというデータベースソフトを使用します。Windows10環境がメインです。Macでも対応は可能です。最短学習・即実践として初級者や入門者に選ばれるNo.1を目指します。



【オンライン対面サポートではお客様のパソコン画面で進めます】


『ウィズサポート』の流れ


Q:JBI(ながにぃ)はシステム屋さんなの?



A:いいえ、システム屋さんというよりは、初級システムの作り方を教える「講師」です。データ管理システムをお教えしながらお客様ご自身に作って頂きます(弊社の制作代行もございます)。高度な技術よりも、お客様の理解レベルに合わせ、解る言葉を使うことを心掛けています。

「御指導いただいて本当に感謝です」「現状抱えている問題点を丁寧にヒアリングしてくださった」「非常に分かりやすく教えて頂きました」といったお声を頂いています。ありがとうございます!



Q:ビットイノベーションってどういう意味?

A:「ビット」と「イノベーション」を合わせた造語です。



大きく物事が動くときも、すべては小さな革新からはじまります。小さな革新の積み重ねによって作業時間を10分の1にし、人生の充足時間を10倍にするお手伝いをしたい!と考えています。

 ※「ビット」は、小片、細片、わずか、少しばかり、といった意味のほか、二進法で用いる数字のことや情報量の最小単位を指します。
 ※「イノベーション」とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指します。



本来あなたがやるべき事は何ですか?


作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に!

本来やるべき仕事、本来時間を多く割くべき家族との時間、そのような充実した時間と日々を過ごしてほしい。

たとえ小さな革新でも、大きな一歩に間違いはありません。やがて日本全体がより豊かになるために共に進んでいきましょう!





ご相談などあればお問合せフォームからどうぞ。










0 件のコメント :

FileMaker&個人的Tweet