リモートによるAdmin Console起動が出来なかったおバカな原因

リモートによるAdmin Console起動が出来なかったおバカな原因




手作業データ管理に追われる時間を10分の1にしよう。
どうも、FileMakerスッキリデータ管理のながにぃです^^



外出先から家のFileMakerサーバー(Mac mini)のAdmin Consoleにどうしてもつながらない時期がありました。



ちゃんとポートも開放したのに!なぜ!?


しかしそれはとんでもなくおバカな原因だったのです。。

もしかしたら、もしかしたら、万が一、同じような悩みを抱えていてここに辿り着いたあなたのために、恥を忍んでお伝えしようと思います。


原因は、

「https」にしていなかったからでしたぁヾ(*´∀`*)ノ

リモート、つまり外出先からAdmin Consoleにアクセスするには、URLで「https」を指定する必要があったのです。

家のLANネットワーク内では「http」でつながりますが、外からでは「https」じゃないとだめなのです。

Admin Console の起動 メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。

FileMaker Server 展開内のマスタマシンにネットワークアクセスする Windows または macOS コンピュータで、FileMaker Server Admin Console を起動できます。

FileMaker Server の Admin Console は、サポートされる Web ブラウザで実行する Web アプリケーションです。

Admin Console を起動するには、次の操作を行います。

1. 次のいずれかの操作を行います。

•ローカルホストマシン (FileMaker Server がインストールされているマスタマシン) で開始ページを開くには、Web ブラウザを開いて次の URL を入力します。

http://localhost:16001 ポート 16001 は、ローカルホストマシンでのみ使用可能です。

•リモートマシンで開始ページを開くには、Web ブラウザを開いて次の URL を入力します。

https://[ホスト]:16000 [ホスト] には、FileMaker Server 展開内のマスタマシンの IP アドレスまたはドメイン名を指定します。

2. [Admin Console の開始] をクリックして、Admin Console のログインページを開きます。

このページが開かない場合、またはブラウザのセキュリティメッセージが表示される場合は、Admin Console の問題を参照してください。

3. Admin Console のログインページに、Admin Console アカウントのユーザ名とパスワードを入力します。

Admin Console が起動し、[ステータス] パネルが表示されます。

展開のステータスの確認を参照してください。

ヒント URL の末尾に「/admin-console」を追加して Admin Console のログインページに直接移動することもできます。

•ローカルホストマシン (FileMaker Server がインストールされているマスタマシン) の場合: http://localhost:16001/admin-console ポート 16001 は、ローカルホストマシンでのみ使用可能です。

•リモートマシンの場合: https://[ホスト]:16000/admin-console [ホスト] には、FileMaker Server 展開内のマスタマシンの IP アドレスまたはドメイン名を指定します。

メモ •ブラウザから Admin Console を起動した後、このアドレスをブラウザのブックマークとして保存すると、Admin Console を簡単に開くことができます。

•オペレーティングシステムを再起動する必要がある場合は、最初に FileMaker Server を停止し、オペレーティングシステムの再起動後に FileMaker Server を再起動してください。

引用 - FileMaker公式ヘルプ
https://www.filemaker.com/help/16/fms/ja/index.html#page/fms%2Fstart_admin_console.html%23



いやあ、おバカでした(*ノωノ)

ちなみにAdmin Consoleのポートは、LAN内であれば「16001」、外から(WAN)だと「16000」です。

ルーター側で開放している必要があります。


さらにちなみに、httpsだとSSL証明書が必要になります。

そうしないとブラウザで「このサイトの持ち主は怪しいから気をつけろ!」的な注意がはさまってしまいます。

僕はテストのためにサーバーを入れているので証明書は入れていませんが、正式に使うサーバーの場合はSSL証明書を入れましょう(^^♪





0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]