文章中の各所にフィールドの内容を余白なしで違和感なく出力したい

スクールでは教えてくれない、かゆい所に手が届くシリーズ:「Filemakerで、文章中の各所にフィールドの内容を余白なしで違和感なく出力したい」





データ作業時間を10分の1に、人生の充足時間を10倍に。

どうも、初級向けデータスッキリ管理コンサルタントのながにぃです^^




余白ができてしまうとなんだか違和感が・・・


FileMakerで印刷レイアウトを作成する際に悩ましいのが、文章中にフィールドを配置したときの余白。





相手先によって本文を変えたい時、フィールドを配置するかと思いますが、出力する文字数は文章によって変わってきますよね。

数値を出すところも、桁数が少なければ余白ができ、桁数が多くてフィールドの枠を超えれば最悪「?」で表示されたりします。






本当は余白をつくらず、スッキリと違和感なくフィールドを差し込みたい!






ということで、今回のかゆい所に手を伸ばすシリーズはこちらの内容を書いてみます😊







意外と知らない!?マージフィールド


といっても、特に難しいことはなく、「マージフィールド」というものを使えば解決できます。

FileMakerをある程度使いこなしている人にはもうご存知かと思います。

なのでもし知ってたら華麗にスルーしてくださっても良いです😅

まだFileMakerを使って間もない方や、たまーにしか編集作業をしない方は、案外見過ごしてしまう機能のようです。





では、レイアウトでフィールドを配置してみましょう。






上の画像で見えますでしょうか?

本文のところだけ抜粋してみます。





拝啓 <<文章>>申し上げます。
下記書類<<部数>>部を同封いたしましたのでご査収頂きますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。






<<文章>>のように、<<>>で囲まれた箇所がマージフィールドです。




メニューバーの「挿入」→「マージフィールド」からフィールドを選択すると挿入されます。







カーソルを当てた状態でマージフィールドを挿入すると、テキストの中に埋め込むことができます。





もちろん、直接手で書き入れることもできます。

ただし、フィールド名を間違えて書くとブラウズモードにしたとき、そのまま<<>>で表示されてしまいます。(カッコワルーイ)






いかがでしょうか?

普通のテキストと同じように扱えるため、文字の大きさや色など書式も割と自由が利きます。





似たようなものが他にもある


ちなみに、上記メニュー「マージフィールド(M)...」の上に並んでいる各種記号も割と便利です。

・日付記号
・時刻記号
・ユーザ名記号
・ページ番号
・レコード番号
・その他(いろいろあります)







それらは{{}}で囲まれたテキスト文字になります。





ブラウズモードで見ると、今日の日付が表示されます。(使っているPCまたはサーバーの日付が出る)

と、、、あれれ?右側が欠けてしまいました。







これらの挿入記号やマージフィールドは、枠内に収まってしまうため、ある程度広めに枠を取ってあげると良いでしょう。

レイアウトモードでクリックすると見える、薄いブルーの枠のことです。







はい、ちゃんと表示されるようになりましたね。







これらのほかにマージ変数というものもあります。

グローバル変数が分かっていれば、使い方は上述の<<>>で囲むやり方と同じです。







ということで、これらを使いこなせれば、文章中の各所に余白なし・違和感なしのフィールドを配置できるようになります😃

それでは今日はこの辺で。









今日も良い一日を♪












0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]