確定申告が終わってほっとしたときにこそやるべきこと。現金出納帳とか。

投稿内容:「確定申告が終わってほっとしたときにこそやるべきじゃないかな。現金出納帳とか。」




手作業データ管理に追われる時間を10分の1にしよう。
どうも、FileMakerスッキリデータ管理のながにぃです^^



4月30日はもうすっかり春をすぎて初夏の陽気です。

あなたが個人事業主であるなら、確定申告は滞りなく提出できたでしょうか?



おいおい、もうとっくに過ぎている話を持ち出す気か?とお思いになったかもしれませんが、そうです、いま持ち出します笑

というのも、いまから少しずつ準備しておくことが非常に重要だということを言いたいわけなのです。(キリッ)

決して、ブログ更新を怠けて、書くネタがなくて持ち出しているわけではありません!(半分真実)



確定申告って、そのときになって慌ててやるのは結構しんどいと思います。

夏休みの宿題と似ているところがあって、後で後でと思えば思うほど、ギリギリになることはないでしょうか。

慌てるといろいろ漏れも出てくるし、何より精神的によくありません笑



だからこそ、いまから準備をした方が良いのです。

オススメは毎月毎月、自分なりに締めるのが良いと思います。

月が明けたら前月の売上、経費、交通費などをまとめてしまうのです。

そして現金出納帳にも反映させてしまいます。

1か月分だったら、そんなに多くの時間を取られません。

逆に、1か月分で時間が取られるということは、年間分をまとめてやると膨大な時間がかかるということになります。



提出が終わってほっと一区切りついたら、面倒くさくても準備を進めることをオススメします。

以前、FileMakerで現金出納帳をつくる記事を書きました。⇒以前の記事

その後、何も手を付けていません(´Д`)

なんやかやで開発の時間が取れずに、結局まだスプレッドシートを使っているという。。

じゃあスプレッドシートでいいじゃん・・・

でもなんとか今年中に開発してみせるぞ!(意気込みは認めてください照)



なんか、Amazonを見てたら安い現金出納帳が売られている。。⇒これ

くそぉ、それよりいいもの作ってやるからな!(捨て台詞)






よい一日を!







0 件のコメント :

コメントを投稿

[プロモーション]